2021.11.18 Estonia's Internet voting: Based on experience of 12 elections

2021.11.18 Estonia's Internet voting: Based on experience of 12 elections

Share This Content
※この動画には、自動生成による日本語字幕を表示させることができます。動画冒頭の指示に従って操作してください。

【Presentation material / 登壇資料】
https://www.sci-japan.or.jp/vc-files/member/secure/speakers/20211118.pdf

During the "Estonia Week" from November 16 to 18, experts from the e-Governance Academy (eGA), an Estonian NPO/think tank, will introduce the latest trends in the world's most advanced digital government by theme.

On the final day of the Estonia Week, we will consider how to achieve Internet voting in Japan based on Estonia's experience in Internet voting.

Speakers:
Mr. Priit Vinkel, Senior Expert, e-Governance Academy
Mr. Kazunari Kudo, Executive Officer, Mitsubishi UFJ Research & Consulting
Mr. Tak Nagumo, Executive Managing Director, Smart City Institute Japan

エストニア・ウィーク最終日は、エストニアのインターネット投票の取り組みをふまえて、日本でのインターネット投票実現に向けた取り組みについて考察してみます。

スピーカー:
プリート・ヴィンケル氏
e-Governance Academy シニアエキスパート 
各国のデジタル成熟度の評価、政府機関のデジタル・トランスフォーメーション実施計画の策定、民主的プロセスにおけるICTツールの利用に関するコンサルティングを担当。15年以上にわたりエストニアの選挙管理のさまざまな役職を歴任。eGAに入る直前は、エストニア国家選挙事務所長を6年以上にわたり務めた。また、エストニア国会の憲法・法務委員会や、様々な学術ポストも経験。エストニアのインターネット投票システムの開発・実施に当初から携わってきた。
専門分野:デジタル化、e-ガバナンス、選挙の完全性、e-民主主義
研究分野:投票技術、(選挙)行政問題、議会研究
政治学学士、行政学修士、政治・行政学博士

工藤 一成氏
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 執行役員 
2019年より三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(MURC)、ソーシャルインパクト・パートナーシップ事業部でデジタルガバメント・スマートシティを担当(主に海外事業)。eGAとMURCの合弁会社であるDigital Governance Academy Asia-Pacific株式会社(D-GAP)代表取締役を兼務。
MURCの前は、三菱UFJ銀行、ユニオンバンク、公益財団法人 国際通貨研究所で勤務。

南雲 岳彦
スマートシティ・インスティテュート 専務理事 
三菱UFJリサーチ&コンサルティング専務執行役員
地球環境と市民が共存し、誰もが幸福になれるグリーン&デジタルなまちづくりと国づくりに従事。内閣府規制改革推進会議専門委員、経産省産業構造審議会委員(産業保安基本制度小委員会)、IPAデジタルアーキテクチャ・デザインセンター・アドバイザリーボードメンバー、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターフェロー、京都大学経営管理大学院客員教授、タリン工科大学客員教授、国際大学GLOCOM上席客員研究員、ロイヤルメルボルン工科大学シニア・フェロー等を兼任。