【初の震度7】阪神淡路大震災を再現してみたらヤバすぎた

Published by : 人が死なない防災 / サブチャンネル
※実際の放送物ではありません。

1995年1月17日午前5時46分、淡路島北部の明石海峡付近を震源とするマグニチュード7.3の大地震が発生しました。この地震で神戸市や淡路島などで史上初となる震度7の揺れを観測、6000人以上の死者を出した阪神淡路大震災を引き起こしました。大都市・神戸を襲った阪神淡路大震災は10万棟以上の建物が倒壊する大惨事となり、200件を超える火災も発生しました。

この動画では当時の記録や気象庁が行った現地調査の結果などをもとに忠実に再現しています。当時はまだ緊急地震速報もなく、震度速報にもかなり時間がかかっていました。また神戸市と淡路島では震度6の揺れを観測していましたが、確認に時間がかかり、第一報では神戸市の震度は「不明」とされていました。この大震災を機に全国に多くの震度計が設置され、震度7を現地調査から計測震度での観測へと変更されました。

当時は震度0から震度6までの7段階で、震度6の場所で現地調査を行い、家屋の倒壊率が30%以上の場所を震度7としていましたが、これでは初動対応に影響が出るため、震度7も計測震度での観測となりました。またこの地震では同じ震度5の場所であっても被害が大きく異なるところもあったため、震度5を「震度5弱」「震度5強」に震度6を「震度6弱」「震度6強」へと変更されました。

【観測された震度】
震度6:兵庫県神戸市・兵庫県洲本市
震度5:兵庫県豊岡市・京都府京都市・滋賀県彦根市

【現地調査による震度】
震度7:神戸市東灘区・神戸市灘区・神戸市中央区・神戸市兵庫区・神戸市長田区・神戸市須磨区・ 西宮市・芦屋市・宝塚市・津名町・北淡町・一宮町
震度6:大阪市西淀川区・豊中市・池田市・神戸市垂水区・神戸市北区・神戸市西区・尼崎市・明石市・伊丹市・川西市・淡路町・東浦町・五色町

ーーーーーーーーーー
参考資料

気象庁震度データベース
https://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/Event.php?ID=133323

気象庁「阪神・淡路大震災から20年」特設サイト
https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/1995_01_17_hyogonanbu/index.html

平成7年(1995年)兵庫県南部地震調査報告
https://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/1995_01_17_hyogonanbu/kiroku.html

羽鳥徳太郎「1995年 兵庫県南部地震津波の規模および波源域」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/zisin1948/49/4/49_4_461/_pdf

阪神・淡路大震災「1.17の記録」
http://kobe117shinsai.jp
external link sitemap

阪神淡路大震災 阪神大震災 震度7 地震 津波 防災 @kum-ilo-61 東日本大震災 熊本地震 北海道地震 地震予知 地震予測 予言 南海トラフ 南海トラフ巨大地震 NHKスペシャル 震度6強 震度6弱 首都直下地震